洗濯機「ビートウォッシュ」BW-V100C(洗濯容量10kg)を購入

洗濯機「ビートウォッシュ」BW-V100C(洗濯容量10kg)を購入

先日、ささやかながらボーナスが支給されたため、洗濯機を新調しました。
購入したのはHITACHI製「ビートウォッシュ」BW-V100C(洗濯容量10kg)です。
ちなみに、新調するまでに使用していた洗濯機はSHARP製ES-GE55K-B(洗濯容量5.5kg)、夫殿が一人暮らししていた頃から使用していたの年季の入ったものでした。
娘さんが仲間入りした頃から買い替えたいなと思いつつ、ここまで(約3年)騙し騙し使用してきましたがついに買い替えました。

購入検討に至った理由

洗濯容量の不足

やはり、大人二人と子ども一人では洗濯容量5kgでは足りませんでした。共働きフルタイムの人間には平日2回の洗濯は時間的にキツかったです。
今後、子どもが大きくなるにつれて洗濯物の量も増えていくと考えると、洗濯容量は最低8kg、理想は10kg欲しいです。

おしゃれ着を洗濯機で洗いたい

「おしゃれ着洗いモード」の存在も大きかったです。
夫殿が「おしゃれをせい」とプレゼントしてくれた洋服の大半が通常の洗濯不可のハイカラなシロモノだったのです。
大変ありがたかったのですが、自分ではガシガシ洗濯できる服しか買わないため、おしゃれ着の手洗いという発送がなかった私。着たら毎回クリーニングに出すものと考えており、敬遠しておりました。
夫殿よりおしゃれ着用洗剤を使って手洗いするということを聞きまして、世のおしゃれさんは大変な苦労をしてるんだなぁと思った次第です。
しかし、忙しいのにわざわざ洋服の手洗いなどしてられません。
そのためおしゃれ着を洗濯できる洗濯機に目をつけました。

もともと洗濯容量が足りず、長い間洗濯機の購入を検討し続けてきましたが、ようやく「おしゃれ着洗いモード」のある洗濯機を購入することとなりました。
これで夫殿のプレゼントしてくれた洋服も気軽に着られるようになります。

購入候補

ドラム式?タテ型洗濯機?

ドラム式洗濯機に憧れたこともありましたが、我が家のスペースにはとても収まりません。
検討するまでもなく自動的にタテ型洗濯機になりました。

乾燥機機能はいる?いらない?

子育てしている方の意見を聞くと「乾燥機機能あり派」が圧倒的に多いようです。
しかし我が家では、乾燥機能を使うと結構な時間がかかるらしいし、すでにある浴室乾燥機もろくに使ってないため使わないだろうという結論になりました。
(あとお値段結構変わりますしね…。)

TOSHIBA製「ZABOON(ザブーン)」 or HITACHI製「ビートウォッシュ」

洗濯容量8kg以上、「おしゃれ着モード」ありということで、TOSHIBA製「ZABOON(ザブーン)」かHITACHI製「ビートウォッシュ」のどちらかにしようということになりました。
パンフレットを見比べ、電気量販店に足を運び実物を見比べ、価格を検討した結果「ZABOON(ザブーン)」AW-10SD6か「ビートウォッシュ」BW-V100Cのどっちかにしようということになりました。
正直に言うと、両者に差別化できるポイントがなく、迷いに迷って、もうどっちでもいいじゃんとなりました。
両方とも洗濯容量10kgで「おしゃれ着モード」があり、価格も大きさも似たり寄ったり。ZABOONは静音設計を謳っていましたが脱水時の音は同じくらいのため、総合的には対して変わらないのではないでしょうか。

簡易的比較表

個人的に、気になった部分を比較してみます。

ZABOON ビートウォッシュ
目安時間 約42分 約35分
音の静かさ 洗い:約28dB/脱水:約37dB 洗い:約32dB/脱水:約38dB
消費電力 約430W 約260W
標準使用水量 約115L 約103L
価格差 ビートウォッシュより安い ZABOONより高い

「ビートウォッシュ」BW-V100Cを購入

私はもう思考放棄、大黒柱である夫殿に丸投げしました。(このへん私の悪いクセ。)
夫殿は「ビートウォッシュ」BW-V100Cを選択しました。
決め手は洗濯にかかる時間だったようです。ビートウォッシュのほうが短かったから、とのことです。また消費電力や水量の差が積もり積もって結構な差になると踏んだ模様。
いやぁさすが夫殿。素晴らしい決断ですね!

実はまだ手元にありません
共働きしてると荷物の受け取りが土日しかできないので、まだ配送されてきていません。
後ほど、使用感のレポートを上げたいと思います。

(2018/10/21追記)

購入後1週間を経て、ようやく我が家に新しい洗濯機がやってきました!
ところが、なんと本体にへこみがあることが発覚!