初心者向け!抽選で購入できるIPO株(新規公開株)で投資に一歩を踏み出す

初心者向け!抽選で購入できるIPO株(新規公開株)で投資に一歩を踏み出す

IPO株(新規公開株)とは?

IPOとはInitial Public Offeringの略語で、「新規公開株」や「新規上場株式」のことです。
会社が株を投資家向けに売りはじめ、証券取引所に新規上場し、誰でも株を取引できるようにすることです。

IPO投資とは?

IPO株は通常の株と異なり、無条件で購入することはできない特殊な株です。

会社が新規上場する前に株の購入の希望を募集し、「株を買う権利」を抽選で手に入れる必要があります。
この抽選に当選すると、会社が上場する前に株を手に入れることができます。

そして上場日のはじめに付く株価(初値)で株を売ることで利益を出します。
売却益 – 購入費用 = 利益 ということですね。

ローリスク・ハイリターン(比較的)

大半のIPO株は購入価格より初値(売却価格)が高くなり、簡単に利益を出すことができます。
もちろん例外はあり、公開価格より初値が低くなってしまうこともあります。
何事もリスクのない利益獲得方法はないということですね。
また、なんと言ってもIPO株を購入できるかどうかは抽選になります。
利益を出しやすい投資方法なため、購入希望者がたくさんいるのでしょうねぇ。

IPO株の購入方法1 証券口座を作る

そんな簡単に利益を出しやすいIPO株を購入するためには、IPO株を取り扱っている証券会社で証券口座を作る必要があります。

IPO株を取り扱っていない証券会社があったり、証券会社によって取り扱っている銘柄も異なりますので、お好みの証券会社をお選びください。

IPO取扱数 IPO抽選方法 事前入金
SBI証券 とても多い 資金量に応じた抽選+ポイント抽選 不要
マネックス証券 多い 完全平等抽選 必要
大和証券 多い 完全平等抽選+チャンス抽選 必要
SMBC日興証券 とても多い 完全平等抽選 必要

SBI証券

申し込み株数が多い人が当たりやすい資金量に応じた抽選+IPOチャレンジポイントというSBI証券独自の制度をつかったポイント抽選の組み合わせです。
またIPO株への申込時に入金の必要がありません。当選したら入金すればOKです。
IPOチャレンジポイントはIPO株に落選するごとに溜まっていく無期限のポイントで、ポイントを貯めていきここぞというところで使うことで、理論的には必ず当たる、らしいです。

私はこちらで講座を開設しています。
IPO株投資を行うならば開設必須の証券口座です。

マネックス証券

100%完全平等抽選です。完全に運任せです。くじ運に自信のある方は開設必須の証券会社ですね。
IPO株への抽選申し込み時に入金の必要があり、結果がわかるまで資金が動かせなくなりますのでご注意ください。

大和証券

完全平等抽選+資産額や売買手数料などによって優遇されるチャンス抽選の組み合わせです。
チャンス抽選のハードルが大変高いですが、そこをクリアすると当選確率があがりますね。
IPO株への抽選申し込み時に入金の必要があり、結果がわかるまで資金が動かせなくなりますのでご注意ください。

SMBC日興証券

マネックス証券と同様に100%完全平等抽選です。
SMBC日興証券は、IPO株の割り当てが多い事が多いらしいので、比較的当選確率が高い証券会社です。
IPO株への抽選申し込み時に入金の必要があり、結果がわかるまで資金が動かせなくなりますのでご注意ください。

IPO株の購入方法2 抽選を受ける

ブックビルディング申し込み期間に証券会社よりIPOの申込みを行います。
※この時、IPOが当選した時に必要となるお金を先に入金しておかないと抽選を受けられない証券会社が多いのでご注意ください。
先にあげた証券口座4つ中3つが事前入金が必要でした。

IPOの抽選に当選するためには複数の証券会社で申し込むのが一番の近道なのですが、事前入金が必要となると、その分必要資金も多くなってしまいます。
この辺は自分の資金を見極めて申し込んでください。

申し込み期間が終わると、IPOの抽選日がやってきます。
当選した場合は購入期間のうちに、購入申込をする必要があります。
この作業を忘れてしまうと当選が無効となってしまうのでご注意ください。

IPO株の売却方法

手に入れたIPO株を、その会社の上場日の朝に売り注文を出して売却します。
上場日に売却しなければならないルールはありませんので、保有していたければ保有し続けることもできます。

IPO株(新規公開株)投資のまとめ

IPO株投資は、必要資金さえあれば誰でもチャレンジできるハードルの低い投資方法です。
抽選に当選しなければ購入できませんが、当選さえすれば利益を出せる確率が高いため、投資が怖くて手を出しかねている初心者に向いてるのではないでしょうか?

ただ大変魅力的な投資方法なため、非常に人気があります。
そのため人気のあるIPO株は申込者数が多くなかなか当選しないらしいです。
しかし、申し込むだけなら無料ですし、運が良ければ当選すると考えると宝くじよりはいいのではないかと思います。
資金に余裕があるようでしたら、複数の証券会社で口座を開設しそれぞれIPO株を申し込み、抽選確率を上げることもできます。
さらに、SBI証券でしたら落選しても「IPOチャレンジポイント」が貯まりますので、将来ちりも積もれば山となることもあるでしょう。

続けていけば必ず当たります。おすすめです。