ソーシャルレンディング投資で資産運用

ソーシャルレンディング投資で資産運用

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい企業とお金を運用して増やしたい個人をマッチングするサービスのことらしいです。いわゆる「クラウドファンディング」に分類されます。

集めた資金の提供先にはいろいろあるようですが、現状は「不動産」を扱うファンドが多いです。
不動産はいざというときに担保になるからでしょうか。

年利が高め

銀行の金利が軒並み低水準なこのご時世に、年利が高めです。
税引き後で年率5〜6%程度です。
ざっくり計算で、100万円を1年間運用して5万円のリターンです。

銀行の普通預金(金利0.001%)に100万円を1年預けてもリターンは10円ですので、その差は歴然です。

ファンド運用中は資金を動かせない

一度投資をしていまうと、満期を迎えるまでお金を動かせません。
急な出費でお金が必要になっても、口座からお金を引き出すことができません。
ソーシャルレンディングへの投資は余剰金で行いましょう。

しかし、言い換えれば満期まで放置することができます。
一度投資してしまうと、基本的に放置です。
満期を迎え、お金が償還されるまで何もすることがありません。
まさに忙しいワーキングマザー向けの投資先です。

リスクについて

ソーシャルレンディングは簡単に言ってしまうと、金利の高い定期預金のような感じです。
しかし、銀行預金との大きな違いは「元本保証ではない」ことです。
例えば、ソーシャルレンディングを通じてお金を借した企業が倒産してしまったら「貸し倒れ」が発生します。
投資したお金が無事に帰ってくる保証はありません。
うまい話には裏があるわけですね。

ソーシャルレンディングの主要業者

有名所だと以下4つかな、と思います。

maneo

業界最王手です。
ソーシャルレンディングに投資している方の半数は利用しているのではないでしょうか?
しかし、私は出金手数料がかかるのがイヤで投資しておりません。

(2018/11/7追記)
まだ貸し倒れにはなっていませんが、大規模な遅延(分配金の支払い遅れ)が発生しています。
最王手だからと安心してはいけないということですね。

SBIソーシャルレンディング

業界二番手です。
かの有名なSBIが運営してるため、バックボーンが盤石です。
好みのファンドがなかったため投資しておりませんが、もうひとつ投資先を選べと言われたらこちらにします。

クラウドバンク

業界三番手です。
出金手数料無料で貸し倒れ0、インターフェイスも見やすく使いやすいです。
いつ見ても何かしら投資先があるため、初めてのソーシャルレンディング投資に向いていると思います。
おすすめです。私も投資しております。

OwnersBook

超人気の業者です。
新規ファンドが開始4時間で募集終了になったりするらしいです。
私は、年利が他に比べ控えめなことと、分配金が毎月支払いではないことがイヤで投資しておりません。

実際の投資先と実績

わたしは以下3つのソーシャルレンディング業者に投資しています。
最近のソーシャルレンディングは、業者が不正を行ったり行政処分を受けたりと様々な問題が発生しています。
一業者の一案件に全額投資するのではなく、複数業者と複数ファンドでリスク分散をおすすめします。

最終更新日:2018/12/10

  • クラウドバンク(投資開始:2018/08) 2,000,000円 累計利息31,148円
  • LENDEX(投資開始:2018/10) 500,000円 累計利息2,721円
  • SAMURAI(投資開始:2018/11) 300,000円 利息0円
  • Renosy 0

クラウドバンク

先にあげた主要業者でも紹介しました、業界三番手のソーシャルレンディング業者です。

私の個人資産と家計からの投資で合計200万円投資しています。

クラウドバンクからの分配金についてはこちらからどうぞ。

投資先は主に太陽光発電ファンドです。
本当はローンファンドや風力発電ファンドにも投資したいところなんですが、太陽光発電ファンドのほうが年利が高いため、そちらばっかり選んでしまいます。

リスク分散のためにも太陽光発電ファンド以外にも投資していきたいと思います。

クラウドバンク

LENDEX

LENDEXは2017年スタートの不動産特化型ソーシャルレンディング業者です。
私の個人資産と家計からの投資で合計50万円投資しています。

LENDEXからの分配金についてはこちらからどうぞ。

まだ新しい業者のため実績こそ少なめですが、年利が7%、9%と大変高いです。
高い年利にはリスクがつきものですが、大部分に担保が設定されているため比較的安全ではないかと考えています。

LENDEX

SAMURAI

SAMURAIは証券会社の運営するソーシャルレンディングです。
証券会社は、通常のソーシャルレンディング業者よりも格段に厳しい財務健全性を求められるはずです。
投資先として比較的安全ではないかと考えています。

私の個人資産と家計からの投資で合計30万円投資しています。

こちらは「SAMURAI AUTUMNキャンペーン」にホイホイされました。
口座開設で500円相当QUOカード、30万円以上の投資で3,000円QUOカードをプレゼントというキャンペーンです。
とりあえず、キャンペーン目当てで30万円投資しております。

このキャンペーンは11/30までです。
新規会員登録だけであれば何のリスクもありませんので、ソーシャルレンディング投資を検討されている方は先に会員登録だけでもいかがでしょうか。

投資型クラウドファンディング SAMURAI

(2018/12/5追記)

AUTUMNキャンペーンと同条件の「クリスマスキャンペーン」が実施中です。
SAMURAIクリスマスキャンペーンについてはこちらからどうぞ。

Renosy

今年の7月に不動産投資型クラウドファンディングを開始したばっかりの業者です。

「不動産投資型クラウドファンディング」なので「ソーシャルレンディング」とは異なるものなんですが、仕組み的には大体一緒なのでこちらにまとめます。

こちらはファンドへの投資が抽選式のため、当選しないと投資ができません。
そして未だ当選できておりませんので、投資額は0です。
募集金額に対して応募金額1000%超えがざらにあるため全く当たる気がしません。

Renosyへの会員登録とファンド応募についてはこちらからどうぞ。

ワーキングマザーにおすすめ

ソーシャルレンディングは忙しいワーキングマザーにおすすめの投資先だと思います。
業者選びを間違えず、年利の高望みさえしなければ比較的リスクは少なめではないかと思います。
満期までは完全放置で、毎月の分配金を見てニヤニヤするだけです。
低金利を気にしつつも、惰性で銀行定期預金を続けているワーキングマザーに特におすすめです。

クラウドバンクは1万円より投資できますので、定期預金の半分をソーシャルレンディングに回してみてはいかがでしょうか?

実績については、毎月更新していきたいと思います。