【Todoist Foundations】Todoistがアップデート。新機能が追加されました!

【Todoist Foundations】Todoistがアップデート。新機能が追加されました!

Todoist Foundations

2019年10月にTodoistがアップデートされ、新機能が追加されました。
実際に使用する画面も改良が加えられ、アイコンが新しくなり色分けされて見やすく、さらに使いやすくなりました。

新しく追加された機能

Todoistに新しく追加された機能の中から一部の機能について簡単に紹介します。
(キャプチャ画面は、OSX のTodoistアプリの画面ですが、ブラウザ版てもほぼ同じです)

「セクション」が追加できるようになりました

Todoistでサブタスクを追加する場合、今まではまず「親タスク」を完了できないように登録、その中に子タスク(サブタスク)を入れていく方法でしたが、今回新たに「セクション」が追加され、登録方法や見た目がシンプルになりました。


セクションの追加方法は、Todoistプロジェクト画面右上にあるプロジェクトメニュー「・・・ボタン」をクリックしてサブメニューを開きます。


セクション名を入力する画面になるのでタイトルを入れて追加すると赤枠部分のようにセクションが追加されます。
画像の上のほうに従来の親子タスクがありますが、セクションになって、スッキリしましたね。どちらもサブタスクを折りたたんで表示できます。


プロジェクトの中にある「セクション」の下にマウスを持っていくと赤文字で「セクションを追加ボタン」が表示されるので、直感的に追加する事もできますよ。

タスク画面が新しくなり、専用画面が追加されました

今回のアップデートで「予定日、プロジェクト、サブタスク(サブタスク追加・完了・並び替え)」が一か所で編集できるタスクの専用画面が追加されました。

新しく追加されたタスク専用画面

タスク専用画面の表示方法は、プロジェクト中で登録したタスクの右側にある「 i 」ボタンをクリックすると表示されます。


例えばサブタスクを登録する時は「サブタスク」タブをクリックしてタスクを登録できます。


サブタスクが登録されました。

完了したタスクが見やすくなりました

今まで完了したタスクは「あなたの生産性」の中にある「完了したすべてのタスクを見る」からしか見られませんでしたが、プロジェクト画面から直接見られる様になりました。
これは過去のタスクを見返す必要がある時に便利ですね。


完了したタスクの表示方法は、Todoistプロジェクト画面右上にあるプロジェクトメニュー「・・・のボタン」をクリックしてサブメニューを開き「完了したタスクを表示」を選択。


そうするとプロジェクト画面の中に「○件の完了したタスク」というボタンが表示され、ボタンクリックでそのプロジェクト内で過去に完了したタスクが一覧表示されます。

その他の細かいアップデートや公式サイトのリンク先

そのほかには、iOSでタスクを追加する場所をドラッグ&ドロップで選択できる「ダイナミック追加ボタン」(※2019年10月現在はiOSのみですが、Androidにも近日実装予定との事です。)や、Todoist自体の速度と信頼性が向上しているそうです。
Todoistは、シンプルで使い勝手が良いですね。これからもタスク管理で活用してくれると思います。

Todoist新機能についての詳細は「新機能のお知らせ Todoist Foundations」からご確認ください。
タスク管理ツール Todoistに関する情報は、公式サイトからどうぞ。
Todoist – 最高の ToDo リスト&タスク管理アプリ