Netowl(ネットオウル)のサービス「SSL BOX」で無料で使えるSSL証明書を取得する方法

  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  1. SSL BOXとは?
  2. そもそもSSLとは?
  3. SSL証明書は基本的に有料
  4. SSL証明書の料金の違いは?
  5. 無料のSSL証明書を取得する
  6. 注意事項

SSL BOXとは?

SSL BOX(エスエスエル ボックス)とは、レンタルサーバー スターサーバー、スタードメインを運営しているネットオウル株式会社が運営しているSSL証明書サービスのことです。

そもそもSSLとは?

簡単に言うとWebサイトとそのユーザーの通信を暗号化する技術のことです。
悪意のある第三者が通信の悪用をすることを防ぐことを目的としています。
個人情報を取り扱っているWebサイトではよく見られます。

GoogleがWebサイトの常時SSL化を推奨しておりますので、今後はWebサイトに必須となっていくでしょう。

SSL証明書は基本的に有料

基本的にSSL証明書は有料のサービスです。
お使いのプロバイダー契約によってはSSLのサービスが組み込まれていたりしますので、その場合は申込みだけで使えたりします。

SSL BOXでも安いもので1,500円から、となっております。
(2018/11/1現時点で2019/4/30 18:00までにお申し込みいただいた場合は990円となるキャンペーンを行っているようです)

SSL証明書の料金の違いは?

SSL証明書は「認証レベル」の違いで料金が変わってきます。要は審査の厳しさの違いですね。
料金が高いほうがセキュリティレベルが高いということはありません。

SSL証明書を導入するWebサイトの特性に合わせて選ぶと良いでしょう。
個人情報を取り扱うようなWebサイトは認証レベルの高いSSL証明書を、個人のサイトは無料のSSL証明書を、といった感じです。

無料のSSL証明書を取得する

そこで今回は、個人のサイト向けに無料でSSL証明書を取得する方法をご紹介します。

Netowlへ会員登録

SSL BOXの運営母体であるNetowlへ会員登録をします。

Netowl会員登録

SSL BOXにログイン

会員登録が完了しましたらNetowl SSLボックス にログインします。

SSL証明書を取得する

ログイン後「メンバー管理ツール」ページが開きます。
サイドメニュー「SSLボックス管理」の新規取得 ページより「その他サーバーで利用する」をクリックします。

新規取得申し込み

申し込みフォームに必要事項を入力し「所有者確認手続へ進む」をクリックします。
※SSL種別は「Let's Encrypt」を選択してください。それ以外は有料になりますのでご注意ください。

所有者確認手続

Web認証で所有者確認手続を行います。
ダウンロードボタンをクリックし、「トークンファイル」をダウンロードします。
ダウンロードした「トークンファイル」を指定のURLになるようにFTPソフトからフォルダを作成、アップします。

ファイルアップ後に所有者確認開始ボタンをクリックします。
ボタンクリック後は画面が遷移することなく確認作業が開始されます。
問題がなければ「所有者確認実行が完了しました。「証明書を発行する」をクリックしてください。」のコメントと共に「証明書を発行する」ボタンが現れますので、クリックします。

SSL証明書発行完了

以下3つのファイルを取得できました。

  • CERT(SSL証明書)
  • 中間証明書
  • 秘密鍵

これで無料のSSL証明書の取得は完了です。

注意事項

今回取得した無料のSSL証明書は有効期間が3ヶ月と短く、90日ごとに更新が必要となります。
更新を忘れてしまうと無効となってしまうので気をつけてください。
逆に言うと更新さえ忘れなければずっと無料で使用できますので、ぜひご活用ください。

前の記事

配送後本体へこみが発覚した洗濯機「ビートウォッシュ」が新品交換となりました

次の記事

子育て中の忙しい共働き夫婦こそほったらかしできる資産運用を