WordPress5.4以降、デフォルトのファビコン(favicon)が「WPロゴ」になってしまう場合の対策方法

  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Twitter

WordPressのバージョン5.4以降、ファビコン(favicon)の設定をしていないサイトには自動的にWordPressのデフォルトアイコンが表示されるようになりました。
もちろんオリジナルのファビコンを設定していれば問題ありません。しかし、いろいろ諸事情ありますので……。

  1. ファビコンの「WPデフォルトアイコン」を取りたい
  2. オリジナルのファビコンを設定する
  3. ファビコンが変わらなかったら

対策としては、
・「WPデフォルトアイコン」を取る
・オリジナルのファビコンを設定する
があります。

ファビコンの「WPデフォルトアイコン」を取りたい

要は、「ファビコンなし」にしたいという場合はこちら。
参考:https://wpgogo.com/plugin/wp_favicon_remover.html

functions.phpに追記

function wp_hide_favicon() {
	exit;
}
add_action('do_faviconico', 'wp_hide_favicon');

オリジナルのファビコンを設定する

favicon.icoを作成する

まずは、透過pngで64☓64pxのファビコン用画像を作成します。
続いて、ファビコン作成サービス「iconifier.net」を活用します。

「ファイルを選択」より作成したファビコン用画像を選択し、「iconify」ボタンをクリックします。

すると、様々なサイズのpngファイルとfavicon.ico、そしてファイル詰め合わせzipが生成されます。

今回はファビコンのみでいいので、favicon.icoをクリックしてそのままダウンロードすればOKです。

favicon.icoを設定する

FTPよりfavicon.icoをアップロードしたら、header.phpの<head></head>内に下記ソースをペーストします。

<link rel="shortcut icon" href="https://ドメイン名/アップロード先/favicon.ico">

日本語部分は自分のサイトに合わせてください。

ファビコンが変わらなかったら

Chromeのファビコンキャッシュは相当強力です。シークレットモードでも反映されません。
そこで、ファビコンのキャッシュだけピンポイントで削除します。
Chromeを一度終了し、下記ディレクトリにあるFaviconsというファイルを削除してください。削除後にChromeを再起動すればOKです。

Windows

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default

Mac

/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Google/Chrome/Default/

前の記事

jquery.heightLine.jsをbxSliderで使い、カルーセル表示で要素の高さを揃える方法

次の記事

イオンの株主優待で7,734円(お買い物金額の3%)キャッシュバック