MacOS版 DiffMergeで日本語(全角文字)が文字化けする現象を解消する

  1. DiffMergeとは
  2. 日本語文字化けの現象
  3. DiffMergeの日本語(全角文字)文字化け表示を解消する方法

DiffMergeとは

DiffMergeとは、2つ〜3つのファイルを比較し、その違い(差分)を抽出できるソフトです。


出典: DiffMerge
https://sourcegear.com/diffmerge/

比較元と比較先のファイル同士の違いを行番号付きで確認する事ができるので、元ファイルと何行目がどのように違うのか視覚的に分かりやすくなっています。
Macの場合はWindows版と比べてあまりDiffソフトの種類が無い?(単純に自分が気に入ったDiffソフトが無い)ので、どなたかオススメがあったら教えてください。

日本語文字化けの現象

さてこのDiffMergeですが、Macにインストールして初期設定のままだと、見事に日本語が文字化けしてしまいます。
(図のオレンジ枠のところが文字化けしています)

DiffMergeの日本語(全角文字)文字化け表示を解消する方法

Mac版DiffMerge 日本語表示で発生する文字化けの修正方法をご紹介します。

1.DiffMergeの設定画面を開きます。

ヘッダーメニューの「DiffMerge」→「Preference」→「Rulesets」を開き、Default Ruleset の中にある Edit... を押します。

2.テキストエンコーディング系の設定を変更します。

新たに設定画面が表示されるので、下の図の赤枠部分2箇所を変更してOKボタンを押します。

[ 変更箇所 ]

  • Fallback Character Encoding OptionsにあるラジオボタンはUse Named Encoding Belowを選択。
  • Try Named Character EncodingsはUnicode 8bit (UTF-8) を選択

3.DiffMergeを再起動

DiffMergeを再起動して日本語(全角文字)が含まれたファイルを開いてみましょう。
全角文字の文字化けが解消されていたら完了です。

私の環境では、主にHTML/JS/CSS/PHPファイルでDiffMergeを使用していますが、この設定をしてからは今のところ文字化けは発生していません。

書いた人:やまライダー

やまライダーです。仙台市でブロガー兼システム寄りのWebディレクターとして働きながら嫁と一緒に子育て奮闘中!
タスク管理ツール「Todoist」でガントチャートが作成ができる補助ツール「Todoist ガントチャートコンバータ」作者。
鳥が好きでキンカチョウ(錦花鳥)を飼っています。

プロフィールを見る
やまライダーのTwitter(自転車用アカウント)
やまライダーのTwitter(システム寄りwebディレクター用)
やまライダーのInstagram