蔵王ヒルクライム2021 が5月23日(日)に開催決定!

(蔵王ヒルクライム・エコ 公式Facebookページより引用)
https://www.facebook.com/zao.hillclimb.eco/

2021年2月6日 更新 :エントリーサイトURLを追加、一部情報追加
  1. 日本の蔵王ヒルクライム・エコ2021 開催決定!
  2. 蔵王ヒルクライム・エコ2021とは
  3. ヒルクライムのコースの他にも、大会の内容がいつもと違うよ
  4. 蔵王ヒルクライム・エコ2021での変更点
  5. 駒草平〜ゴールのハイライン山頂までは右車線を走行
  6. 注意点
  7. 蔵王ヒルクライム2012は募集人数に達したため、エントリーが締め切られました。

日本の蔵王ヒルクライム・エコ2021 開催決定!

やまライダーも過去に何度か参加したヒルクライムのイベント、蔵王ヒルクライム。
この「 日本の蔵王ヒルクライム・エコ2021 」が2021年(令和3年)5月23日 日曜日に開催される事が決定しました。
2021年2月9日(火)から「 スポーツエントリーのサイト 」からエントリーできます!

大会概要

開催日 令和3年 5月23日(日)
スタート時間 午前7時20分 スタート
エントリーサイト スポーツエントリー(エントリーページ
※2月9日(火)から開始
エントリー期間 2月9日(火)〜4月11日(日)
(予定)

蔵王ヒルクライム・エコ2021とは

Active Resorts宮城蔵王の正面にある「大鳥居」をスタート、ハイライン山頂までのタイムを自転車で競います。
コースは全長 18.4km、標高差1,328m、平均斜度7.2%(最大斜度 12%)。

当日は蔵王エコーラインを通行止めにして、普段は自転車では通行出来ない「蔵王ハイライン〜山頂」を(景色を楽しみながら?)走行できるヒルクライムイベントです。
ゴール後は、宮城/山形の名所の御釜が見られますよ!
速い人は1時間を切るタイムで山頂まで登ってしまいます(1時間切るのは私には無理...)

ヒルクライムのコースの他にも、大会の内容がいつもと違うよ

今年の大会は、新型コロナウイルス感染症対策やコースの路面状況などの都合、いつもとコースや大会内容が変わっています。
簡単に変更内容をまとめましたので、エントリーする際の参考にご覧ください。

蔵王ヒルクライム・エコ2021での変更点

大会全体に関わる内容

参加募集人数
参加者の人数が500名に減ります。(前回は 1,000名)
参加料
今年は5,000円に値下げ(前回は6,500円)
※大会参加料は返金されないので注意。
飲食
今年は飲食ブースありません(※新型コロナウイルス感染症対策のため)
表彰式
今回、表彰式の予定は無いそうです。(2021/2/3現在の情報です)
参加賞
オリジナルマスクを準備予定(2021/2/3現在の情報です)

コースに関係する変更内容

スタート地点の変更
今までは「大鳥居前」がスタート地点だったのが、今回は「遊季亭まるふく前」となり、コースが約300m程度短くなるようです。
大鳥居から少し奥に入ったあたりのお店でしょうか。大鳥居をくぐってスタートできないのは残念ですが、密集を避けるための対策をされているのでしょうね。
給水場所
給水できる箇所が「 駒草平 」1カ所のみになります。
チェックポイント新設、制限時間の変更
チェックポイントが新たに追加され、制限時間が全体的に短くなります。
7:20スタートで9:50までにゴールする必要があるので、2時間30分以内にゴールする必要があります。
各チェックポイントの制限時間
  1. 旧料金所:午前9時00分(前回より10分短くなる)
  2. 駒草平:午前9時20分(前回比:50分短縮)
  3. (※今回新設)ハイライン入口:午前9時40分
  4. ゴール(山頂):午前9時50分(前回比:1時間10分短縮)

駒草平〜ゴールのハイライン山頂までは右車線を走行

大黒天から山頂にかけての約4.2kmの上り車線。舗装工事による路面の凹凸があるため道路を規制するようです。
そのため、駒草平からゴールのハイライン山頂までは、右車線(本来は下りの時に走行する車線)を走行します。
路面状況は公式Facebookページに掲載されていました。

大黒天駐車場から蔵王ハイライン入口付近の路面状況

蔵王ハイライン入口付近の路面状況

(蔵王ヒルクライム・エコ 公式Facebookページより引用)
https://www.facebook.com/zao.hillclimb.eco/

注意点

執筆したのが2月3日なので、今後変更される可能性があります。最新の情報は、蔵王ヒルクライム・エコ公式サイトをご確認ください。

今後の状況(緊急事態宣言や当日の天候不良の理由)により、大会エントリー後に大会が中止される場合があります。
過去には雪が降った年がありました。

また、大会参加料は原則返金されません。納得した上でエントリーしてくださいね。

蔵王ヒルクライム2012は募集人数に達したため、エントリーが締め切られました。

(2021.3.10追記)
蔵王ヒルクライム2012ですが、3月9日の公式アナウンス(Facebook)よりお知らせがありましたが、募集人数に達したためエントリーが締め切られたそうです。締め切りが4月だったのですが、早かったですね!
なお、当日のエントリー受付は行わないとの事です。

書いた人:やまライダー

やまライダーは、ロードバイクやミニベロでヒルクライムを楽しんでいる、速くないけど坂を登るのが好きな「 坂バカ系ミニベロヒルクライマー(チャリダー) 」です。
仙台市でシステム寄りのWebディレクター兼ブロガーとして働きながら嫁と一緒に子育て奮闘中!
タスク管理ツール「Todoist」でガントチャートが作成ができる補助ツール「Todoist ガントチャートコンバータ」作者。
鳥が好きでキンカチョウ(錦花鳥)を飼っています。

プロフィールを見る
やまライダーのTwitter(自転車用アカウント)
やまライダーのTwitter(システム寄りwebディレクター用)
やまライダーのInstagram