パナソニック食洗機NP-TH1がパワフル・スピーディ・ドライキープが同時点滅して動かなくなったので修理に来てもらった

2018年2月より我が家では食洗機を使っています。
なくてはならない家電として毎日稼働していましたが、最近になって挙動がおかしくなりました。

そこでパナソニックに修理を依頼し、なんと無料で直してもらえました!
この記事では、食洗機故障の状況の紹介と修理依頼の方法、当日の流れをご紹介します。

  1. 食洗機購入の経緯
  2. 食洗機故障の経緯
  3. 食洗機のエラーについて調べる
  4. 修理依頼の前に試みた対処
  5. 修理依頼
  6. 修理依頼後の流れ
  7. 出張修理サービス当日の流れ
  8. 出張修理中の様子
  9. パナソニック食洗機NP-TH1の修理に来てもらった件のまとめ

食洗機購入の経緯

我が家に食洗機が導入されたのは2018年2月のことでした。
当時、娘氏は3歳。すでに保育園に預け、父母ともにフルタイムで働いていましたので、家事の手助けとして食洗機を導入しました。

それから3年。食洗機は、我が家にとってなくてはならない家電となりました。

食洗機は共働き世帯で絶対に欠かせない家電であると言って過言ではないでしょう。

パナソニック食洗機 NP-TH1

2018年当時、我が家に導入された食洗機はパナソニック食洗機NP-TH1です。

現在は残念ながら生産終了となっていますが、後続機としてNP-TH4が発売中です。

パナソニック食洗機 NP-TH4

パナソニック食洗機NP-TH4はNP-TH1よりずっと進化しているようで、長筒形状の洗い物向けのボトルホルダーや小さいもの向けのちょこっとホルダーなどが追加されているみたいです。いいなぁ。

もし食洗機導入をご検討中でしたら、こちらをどうぞ。

食洗機故障の経緯

ある日、いつもどおりに食洗機を動かすと、ピピピピピピピピピ!!という大きな音を出しながら作業が中断され、水の排出後に「パワフル」「スピーディ」「ドライキープ」の3メニューが同時に点滅しました。

「電源」ボタンを押しても「一時停止」ボタンを押しても、エラー音とメニューの点灯は止まりません。

最終的に電源コードを引っこ抜いて止めました。

食洗機のエラーについて調べる

パナソニック公式のよくある質問より「食洗機のランプが点滅・点灯して動作しない」について、品番と点滅ランプの組み合わせからエラー内容と確認項目を調べることができます。
さすがパナソニック。

【卓上 食器洗い乾燥機】食洗機のランプが点滅・点灯して動作しない

<エラー表示>
点滅:ドライキープ・パワフル・スピーディ
点灯:なし

<内容>
溢水異常・漏水異常

先ず確認いただきたい項目

1.分岐水栓をしめてください。

2.電源プラグを抜き、ドアを閉めたままにしてください。

3.約30分後、電源プラグを差し込んでから電源を入れ、表示を確認してください。

点滅表示が消えていれば、分岐水栓を開けてから運転をし直してください。


確認を行い、再運転してもエラー表示する場合は、点検修理が必要です。

点検修理の依頼は、点滅・点灯ランプの組み合わせを確認して、電源プラグを抜き、分岐水栓をしめて、お買い上げの販売店に依頼をお願いします。
お買い上げ先が不明な方は、パナソニックの卓上型食器洗い乾燥機の「修理のご相談・申し込み」より依頼ができます。

公式より、食洗機のエラーは漏水エラーっぽいと判明しました。

修理依頼の前に試みた対処

漏水エラーの対処には「乾燥」が最も重要らしいです。
というわけで、まず食洗機下にある黒いゴム栓を外して中の水を完全に抜きます。

栓を抜くと水がダーとこぼれてきました。

水が出なくなったら、食洗機の扉を開いたまま1日以上放置します。
(ドライヤーを当てて乾燥させるという手もあるらしいですが、今回はやりませんでした。)

修理依頼

2日経っても直らなかったので、諦めてパナソニックに修理依頼をしました。
出張修理となるため、担当者さんが家に来てくれた時点で出張費3,850円(税込)がかかるそうです。そのうえで、修理代金の支払いとなります。
修理目安としては2万5,000円〜3万円くらいではないか? とのことでした。

修理の依頼は電話かネットで申し込めます。
品番(我が家で言うとNP-TH1)や製品番号がわかるとやりとりがスムーズですので、事前にチェックしておきましょう。

電話でのお問い合わせ

0120-878-691(9:00〜18:00)年中無休

ネットから依頼する場合

修理依頼後の流れ

申込後、修理受付番号が発行されます。この番号を元に、ネットから出張修理の内容確認、訪問日変更、キャンセル、お問い合わせができます。
ちなみに、電話で申し込んだ場合は、希望すればSMSに該当URLを送ってくれます。かゆいところに手が届くサービスだと思います。
さすがパナソニック(2回目)。

出張修理サービス当日の流れ

修理の当日は、修理担当の方が電話で正確な来訪時間を教えてくれます。

  1. 修理担当者が訪問し、修理品を診断
  2. 診断結果・見積り金額のご説明
    内容に同意する場合は修理を行い、キャンセルの場合は出張費のみの支払い
  3. 修理実施
  4. 支払い
    出張費3,850円(税込)と修理料金のお支払い(クレジットカードまたはお振込み)を行う

出張修理中の様子

修理担当の方が食洗機の型番をチェックしたところ、無償対応が可能であることが判明しました。
出張費も不要とのことでこれは嬉しい誤算です。
さすがパナソニック(3回目)。

実際の修理の様子

まず、食洗機をひっくり返して下のカバーを外します。

本体下のカバー、センサー、メイン基板、洗剤投入口付近の部品を交換し、修理完了。

最後にサインして、明細書を受け取って終了です。

明細書には「修理内容:台枠キット交換しました」と記載があります。

修理にかかった時間は約30分といったところでした。

パナソニック食洗機NP-TH1の修理に来てもらった件のまとめ

  • パナソニック食洗機に異常が発生した場合、パナソニック公式のよりエラー内容と確認項目を調べることができます。
  • もしそのエラーが「漏水」だった場合、食洗機を乾燥させることで直せるかもしれません。
  • 直らなかったらおとなしくパナソニックに修理依頼を出しましょう。
  • 我が家の「NP-TH1」や同じ世代の「NP-TA1」の漏水エラー故障の場合は、無償で修理してくれる可能性が高いです。(初期不良かもしれません)

パナソニック食洗機NP-TH1で同じようなエラーが発生した方は参考にしてみてください。

書いた人:やまライダー(嫁)

Web屋さんで8時間フルタイム勤務をしている、いわゆるワーキングマザー。
夫婦共働きで、ムスメ氏を育てています。
主に資産運用にかかわるお金の話、ムスメ氏を育てていく上での子育ての話、そしてたまにお仕事関連の記事を書いていく予定。
プロフィールを見る